北海道札幌市でリフォームを行いたい方は必見!口コミ人気も高い評判の会社をおすすめ形式で紹介します!

リフォームと建て替えの違いとどちらにするか判断するときのポイント

築年数が20年以上経過すると、住宅も徐々に劣化を始めます。そんなときにはリフォーム、もしくは建て替えを行うのですが、双方の違いやどちらを選んだらよいのか分からないという人も多いです。

リフォームも建て替えもローンを組んで依頼し作業をしていくという形をとるので、計画をしている人はしっかりと内容を理解したうえで実行することが望ましいといえます。

リフォームは骨格だけを残して間取りと設備を変更すること

住宅を新しくする手法の一つであるリフォームのおさらいをすると、基本的に骨格だけを残して間取りと設備を変更することです。骨格というのは、住宅を建てるときの鉄筋や木材を使った住宅の形を作る外郭のことをいいます。リフォームをする場合、住宅が劣化しているかどうかは関係せず、現在の住宅の形に違和感があるときに行うことが多いです。

住宅には設計当初から自身がかかわる注文住宅だけでなく、建設企業が事前にプラン通りに建築した分譲及び建売住宅というのが存在します。分譲及び建売住宅のメリットは、住宅がすでに建てられているので、お金を支払えばすぐに住むことができる点です。

ただデメリットがあるとすれば、自身が建築にかかわっていないので間取りや設備の質が自身のニーズに合わない場合もあることです。もちろん、自身が計画に携わる注文住宅であっても、計画時は正しいと思っていたことが実際に住んでみると思っていたほどの効果を発揮しなかった場合もあります。

そこで、ある程度のお金の余裕ができたときに、再びローンを組んで満足のいく住宅に作り直すのがリフォームです。骨格を残したまま住宅の内部の形を変えるだけなので、工事も小規模で済む場合が多いです。全体を修繕するにしても、施工時間自体が短くてすむので負担も少ないでしょう。

設備や間取りが自身の満足のいく状態に仕上がるので、住み心地のよい住宅にできます。これらがリフォームのメリットに挙げられます。

建て替えはすべてを壊して造り直すこと

建て替えというのは別名リノベーションと呼ばれ、一度すべてを壊した後に新しい建築資材をもって造り変えることです。リフォームとの違いは、鉄筋や木材の外郭を残すかそれとも骨格を含めてすべて壊すかという点になります。

築年数が20年以上たつと、長い間地震や雨による湿気で外郭はダメージを受けているのです。そのダメージが限界に近くなると住宅ももろくなってくるので、地震などの災害時に耐えられずに倒壊する危険性があります。そこで住みやすい環境にするだけでなく、災害時にも強い家にするという目的で行うのが建て替えになります。

この建て替えにおいて、最も重要な場所が札幌市といった北海道地区です。札幌市は北海道の県庁所在地であり、安全に航行できる地理条件を持つことから物流の拠点として栄えている街です。

そのため札幌市に移り住むうえで考えなければならない問題が、12月序盤から始まる豪雪期間になります。雪の重みは時に住宅を壊すほどの重量になってしまうので、しっかりと住宅の状態を見極めないといけないです。

もし築年数がたって外郭がもろくなってしまうと、豪雪期間に入ったときに重みに耐えきれずに倒壊するリスクが生まれてしまいます。それでは安心して住めなくなるので、札幌市を含めた北海道に移り住むのであれば住宅の状態を見極めたうえで、リフォームよりも建て替えをして強度のある住宅にする必要があるのです。

業者に依頼して骨格を調べてもらおう

リフォームと建て替えをおさらいすると、骨格が災害にも耐えられると判断したときに内装と設備だけを変えるのがリフォームです。そのため築年数に限らず、好きなタイミングですることで住みやすい家にできます。

そして建て替えは、災害に耐えられないほどにダメージが住宅に蓄積している場合など、災害時でも安全に住めるように骨格ごと壊して作り直すことです。築年数が経過しているなど少しでも耐久性に不安があるのなら、ある程度の予算がかかってしまいますが、安全性を考慮すると建て替えを実施すべきといえます。

このリフォームと建て替えの違いが分かったうえで、どちらにするか判断するときのポイントとしては、何度もいうように骨格です。骨格は鉄筋と木材の外郭であり、この外郭の状態が大丈夫であれば建て替えをする必要がなく、短期間の工事で終わるリフォームで事足ります

ただ外郭の状態を調べるためには、残念ながら一般人では、接続機器がさびているなどの分かりやすい実例があればよいのですが、大半は見た目では分からないので判別が困難な場合が多いです。そこでどちらにするか判断するときには、無料見積もりをしたうえで住宅診断士に依頼することが望ましいといえます。

住宅診断士はさまざまな検査項目から、現状の住宅の状態を把握するスペシャリストです。多岐に渡る検査項目から住宅の骨格の状態を調べることができれば、災害時の強さが判別できるので、リフォームか建て替えかを判断するポイントになります。

 

リフォームと建て替えをする理由は、どちらも住みやすい家にすることです。住みやすい家は設備や間取りが自身の生活スタイルに合っているかどうかだけでなく、災害時などの緊急時に耐えられることも重要なポイントです。災害時に耐えられるかという点は一般人では判別できないので、専門家に依頼するとよいでしょう。

【札幌】リフォーム会社のおすすめ比較一覧はこちら

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://reform-sapporo.info/column/remodeling-and-rebuilding/

トップページへ戻る