北海道札幌市でリフォームを行いたい方は必見!口コミ人気も高い評判の会社をおすすめ形式で紹介します!

一年中快適な住まいに!断熱リフォームを行うメリットと注意点


マイホームでの屋内の温度調整が難しい、エアコンを頻繁に使うため電気料金がかかると悩んでいる人もいるでしょう。断熱リフォームを耳にしたことはあっても、どのような効果を期待できるのかわからないため、行動に移せないこともあるものです。そこで今回の記事では、断熱リフォームに関するメリットと注意点について解説しましょう。

断熱リフォーム

断熱リフォームには、どのような効果とメリットがあるのでしょうか。ここでは断熱リフォームによって見込めるメリットについて紹介します。

冬は暖かく夏は涼しい

断熱リフォームを行うと、室内の温度が適温に保たれるようになります。断熱リフォームを施工した家は魔法瓶にたとえられることがあり、一年を通して快適に暮らせるようになるのです。窓にも断熱リフォームを施工し、断熱材やパネルなどを組み合わせることによって、すべての部屋の室温が適温になるといわれています。

光熱費が下がる

断熱リフォーム工事によって、室内の温度が一定に保たれるようになると、冷暖房機器を頻繁に活用する必要がなくなるようです。また、冷暖房機器の効果をあまり感じられなかったという人にも、断熱リフォームはおすすめできます。

断熱リフォーム工事によって冷暖房の効きがよくなることから、光熱費が下がるといわれているのです。イニシャルコストはある程度かかりますが、ランニングコストの面から考えると断熱リフォームは有効だといえるでしょう。

結露やカビの発生を抑制できる

断熱リフォーム工事のメリットとして、結露やカビの発生を抑制できることが挙げられるでしょう。施工箇所では屋内外の気温差を抑えられ、カビの原因につながる結露を防ぐことが可能なようです。

カビはアレルギー反応を引き起こす要因になる可能性があるため、家族の健康を守ることにもなるでしょう。光熱費だけでなく衛生面・健康リスクも考慮して、断熱リフォームが必要かどうか検討するとよさそうです。

断熱リフォームの種類とそれぞれの費用

断熱リフォームには、外壁・屋根・内壁・床などの各部位に「断熱材」や「断熱パネル」を設置するなど、さまざまな種類があります。また、そのほかにも「内窓(インナーサッシ)を追加して二重窓にする」施工方法もあり、それぞれ費用が異なるようです。

ここでは、断熱リフォームの種類と、それぞれの施工方法にかかる費用、工期について紹介しましょう。

壁に断熱材を施工する場合

壁への断熱材の施工工事は、内装材を撤去することから始まります。気流止めの施工工事を行い、その後断熱材を充填するようです。工期はおよそ2週間~1ヶ月とされており、施工費用は1㎡あたり約4千~3万円が相場といわれています。

天井の断熱化工事を行う場合

天井の断熱リフォーム工事は確保できる作業スペースによって、施工方法が2通りあるようです。作業スペースを取りやすく、比較的施工しやすい場合は「敷込み工法」が選択され、気流止め施工を行ってから断熱材を充填します。リーズナブルな費用でリフォーム工事を請け負っている業者がいるため、各社の条件を比較検討するとよいでしょう。

工事が比較的困難とされる場合は「断熱材吹込み(ブローイング)工法」で施工する業者が多く、気流止めやブローイング施工が必要となります。天井の断熱リフォームは2~4日で完了する傾向にあり、施工費用は1㎡あたり約4~8千円が相場です。

床下の断熱化リフォームを行う場合

床下断熱リフォームでは、既存の床材を撤去する必要があります。気流止め施工と断熱材の充填などが必要とされ、リフォーム工事の状況によっては工期が異なるようです。断熱材の追加でよい場合は1~2日程度ですが、床材の張り替え工事も必要となる場合は3~6日はかかると見込んでおきましょう。施工費用は1㎡あたり約4~8千円が相場とされています。

内窓(インナーサッシ)にリフォームする場合

インナーサッシリフォームは、窓の内側に内窓を設置する工事を指します。光熱費削減だけでなく防音効果もある程度期待できることから、近年注目を集めているようです。施工箇所の数や窓の形状などにもよりますが、工期は1~2日となります。また、1箇所あたりの施工費用は約8~30万円が相場です。

断熱リフォームを行う際は業者の選び方に注意

断熱リフォーム工事を検討している人は、業者の選び方にも注意しましょう。ここでは、注意したいポイントについて紹介します。

安い費用でリフォームを行う業者に注意

断熱リフォーム工事を相場より安すぎる費用で行うと提案された場合は、とくに注意が必要です。安価な費用で請け負うことを強みとしている業者もいますが、中には高額な追加費用を請求される可能性があるといわれています。施工後に不具合が発生するリスクもあるため、費用相場を確認してから依頼するようにしましょう。

補償がある業者を選ぶ

アフターサービスの充実度も、リフォーム工事を依頼するかどうかの基準となるでしょう。施工後に不具合が発生した時に備えて、補償制度を用意している業者を選ぶようにしてください。

複数の業者に見積もりをとる

リフォーム工事を依頼する前に、複数の業者から見積もりをとることをお勧めします。相場や各社の施工費用を確認でき、比較検討や施工費用交渉の材料として活用できるためです。相場からかけ離れた費用を請求されているかどうか、判断することも可能となるでしょう。

 

断熱リフォームには、施工部位などに応じてさまざまな種類があります。費用相場も部位に応じて異なるため、各社から見積もりをとって比較検討するようにしましょう。また、アフターサービスを用意している業者を選ぶと、施工後に万が一トラブルが発生した際にも対応してもらえます。

【札幌】リフォーム会社のおすすめ比較一覧はこちら

おすすめのリフォーム会社一覧!

イメージ
会社名SICハウスプロヤマダ電機100満ボルト職人工房
セールスポイントリフォーム箇所は全般対応可能迅速なアフターフォローサポート体制が充実住宅設備メーカーの選択肢が広い年間約3,000件のリフォーム実績
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://reform-sapporo.info/column/merit/

トップページへ戻る

サイト内検索
記事一覧