北海道札幌市でリフォームを行いたい方は必見!口コミ人気も高い評判の会社をおすすめ形式で紹介します!

キッチンをリフォームしよう!まずは我が家の問題点を洗い出す

札幌にお住いの方がキッチンのリフォームを検討した場合、施工会社選びはもちろんのこと、キッチンの機種選びから配列の方法まで事前に決める必要があります。どのような施工が適しているのか判断できない場合は、我が家の問題点というものを洗い出しながら、完成後のイメージを確認してから決める方法であれば失敗は防ぐことが可能できます。

現状の配置で問題はなく老朽化したことを問題にするパターン

築年数の古いタイプの札幌の住宅の場合は、その多くがキッチンは壁付け用として壁側に横一列に並んでいるタイプを用いていることが一般的です。このタイプはシンク台の後ろ側、リビング側には収納スペースやテーブルを置いていることが多く、古いながらも使い勝手のよい普通タイプと考えることができます。

しかし、問題点を考えてみると、シンク台その物に傷や汚れが目立ってしまい、ステンレス部分には無数の傷や水垢が付いている場合もあります。備わっている蛇口も旧型で、混合栓ではあるものの、壁付けタイプや台座タイプでも、2ハンドルの混合栓の場合は使い勝手の問題が浮上します。

シンク台下の収納スペースの扉にも破損が見られる場合や、既に落とせない汚れも問題とする場合では、配列はそのままにして、いわゆるI型キッチンをそのまま新しいモデルにリフォームする方法で問題はすべて解消できます。

新しい機材の場合は、以前は壁面にはタイルを用いて施工していることが目立ちましたが、最新の設備ではホーロータイプの壁材を利用しています。この素材は目地がなく汚れが付いても簡単に落とせるメリットも感じ取れます。

シンク台の蛇口においても、ワンホール型の混合栓に最初から設定されていることも目立つので、いつもの水の使うシーンを想定しても快適性を生み出せます。さらに、収納スペースは旧型とは比較できない程の大容量に設定されている機種も多いので、I型のキッチンでも充分に使い勝手のよさを実感できます。

キッチンが日中でも暗いという問題でのリフォーム

札幌の住宅事情では、冬期間の落雪があることで意外と土地面積が広く、隣家とは距離があることが一般的です。キッチンリフォームを検討している方は、さまざまな問題を抱えていることがありますが、その中には日中でも台所全体が暗いことに問題を感じている方も少なからず存在しています。

この場合は壁加工を行って、採光用の窓ガラスのサイズを大きくしたり、増設する方法が非常に有効です。既存のキッチンがI型の場合は、窓のサイズの変更は小さな範囲に限定されてしまうので、L型や対面式へとリフォームをする方法が適していると考えられます。

今まで設置していた壁側に大きな窓ガラスに変更すると、ガラスよりも高い位置に家具類を置くことは難しい環境にはなるので、ロータイプの収納用家具を別途購入する方法と、対面式にした際には、シンク台の真上に充分なスペースの吊り棚を設置する方法ですべての問題を解消させられます。

対面式にリフォームをする際には、今までは見えなかったシンク台の裏面がリビング側から見えるようになるので、リビングやダイニングなど家全体のイメージに適しているデザインとカラーリングの機材を選べばより一層優れた環境に仕上げることができます。札幌の場合、冬期間は太陽光が当たる時間が非常に短くなるので、以前から暗いことを問題として考えていた方にとっては、非常によいリフォーム方法として用いることが可能です。

キッチンに向かう際の動線がよくない問題の解消法

札幌にある住宅の中には、広めのキッチンを採用しており、隣接するダイニングも完備している場合では、何ら問題なく台所を使うことは可能です。リビングからダイニング、シンク台までの動線がよくないと感じている方はゼロではなく、いくつかの障害物を避けて歩くことが必要とされる場合、生活動線の問題を解消するためのキッチンリフォームが推奨できます。

古い住宅では壁付けのI型を利用していることが多いのですが、壁側のコーナーを利用してL字型に変更する方法も使えます。2列に平行として設置するコンパクトサイズのシンク台を採用する方法でも空間を広く使うことができ、キッチンに向かう動線も快適にできる可能性はあります。

逆に新しい住宅の場合は、対面式、オープンキッチンと呼ばれるタイプが札幌でも主流として使われていますが、対面式でも生活動線が問題になるケースは実在しています。代表的な事例ではペニンシュラ型のモデルをあげることができ、このタイプは左右のどちらかが壁と接合しているので、片方からしか入ることができません。

もしも、この時点で面積的に問題がなければ、完全に独立しているアイランド型のモデルを選ぶと左右のどちら側からでも出入りでき、快適な動線を作り出すことに成功します。アイランド型も各メーカーから多数のモデルが販売されているので、機種選びで選択肢が少ないという不安も感じずに快適性を得られます。

 

札幌の住宅のキッチンリフォームでは、家によって問題点は異なります。暗い台所、蛇口が使いにくいキッチン、動線がよくないなど異なる問題でも優れた施工会社に依頼すると、窓の拡張からシンク台の位置変更、アイランド型へのリフォームも簡単にできます。施工依頼をする前には、問題点をすべて見いだすことで快適な空間へと変えられます

【札幌】リフォーム会社のおすすめ比較一覧はこちら

おすすめのリフォーム会社一覧!

イメージ
会社名SICハウスプロヤマダ電機100満ボルト職人工房
セールスポイントリフォーム箇所は全般対応可能迅速なアフターフォローサポート体制が充実住宅設備メーカーの選択肢が広い年間約3,000件のリフォーム実績
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://reform-sapporo.info/column/kitchen/

トップページへ戻る

サイト内検索
記事一覧