北海道札幌市でリフォームを行いたい方は必見!口コミ人気も高い評判の会社をおすすめ形式で紹介します!

リフォームの施工の流れ―契約から完成まで

札幌でマイホームのリフォームを依頼しようとする場合には、まずは契約から完成に至るまでの一連の流れを理解しておくとよいでしょう。具体的にどのような段階で何をすればよいのかがわかれば、あらかじめ家族の間で意見を統一したり、予算のやりくりをするなどの作業もしやすくなりますし、準備不足で後悔をすることもなくなります。

条件を整理してリフォーム会社を選ぶ

リフォームといっても施工する箇所や規模はさまざまですので、依頼するにあたってもそれらの条件にふさわしい会社を選んでおく必要があります。したがってまずはどのようなリフォームをしたいのかを、漠然とではなくしっかりと箇条書きなどにし、まとめて整理しておくことが重要です。

大まかにいっても屋根や外壁といった外構工事なのか、クロスやフロアなどの内装工事なのかによって、依頼をすべき相手となる業者をかなり絞り込むことができます。とくに札幌の場合は冬場の積雪が当然想定されることから、外構工事の場合には地元札幌での豊富な施工経験のある会社を選ぶのがよいでしょう。

またせっかくお金をかけて施工するからには、家族のだれもが満足のいく仕上がりにしたいものです。できれば配偶者や子どもまでを含めて、家族で話し合いをしてイメージを共有しておくことも望ましいといえます。

もちろんはじめの段階ではひとつの会社に限定する必要はなく、複数の会社をピックアップしておき、パンフレットを取り寄せたり営業マンから話を聞くなどして、もっともふさわしいと思われる会社を最終的に決めることができればよいのです。

依頼にあたっては限られた予算のなかで施工が可能かどうかも重要なファクターです。そこで必ず事前に見積もりをもらっておき、具体的な金額の目安を把握することも必要となります。複数の会社とコンタクトをとった場合には、見積もりの金額がもっとも少ないところを優先するのもひとつの方法です。

打ち合わせから契約に至るまでの流れ

リフォームを依頼する会社が決まったならば、スタッフを呼んで打ち合わせをします。すでに見積もりをもらう段階で、ある程度の要望事項は伝えているはずですが、さらに詳細な部分を詰めてイメージを共有します。リフォームをしたい目的はひとつであっても、それを実現するための方法はひとつとは限りませんので、施工のプロであるスタッフにはいろいろとわからない点を質問したり、積極的に提案を求めてみるのもよいでしょう。

たとえばマイホームが老朽化していて雨漏りの不安があるようであれば、屋根のスレートや外壁のコーキングや塗装などがコストを節約しつつ、目的を果たすための第一の候補となります。さらに予算をかけてしっかりと取り組みたいのであれば、既存の屋根を鋼板などで覆うカバー工法や、屋根のスレートをいったんはがして葺き直しをする方法などが考えられます。もちろん葺き直しなどは数百万円のコストがかかってしまうことも多く、予算が少ないほうを選ぶか、それとも将来の安心をとるのかを慎重に検討する必要があります。

これらの打ち合わせが終わればいよいよ契約となります。契約書に記載されている内容はスタッフからも説明があるはずですが、工事の期間や内容・金額、料金を支払う時期、違約があった場合の補償、自然災害など不可抗力で工事が完了できなかった場合の対応方針などをしっかりと確認しておきましょう。その上で納得ができれば契約書に署名捺印をして、両者で一通ずつ保有することになります。

施工中の管理と完成に至るまでの流れ

リフォームの契約を締結するとすぐに、依頼された会社のほうでは職人や工事資材の手配などを開始し、約束された期間のなかで計画的に施工ができるようにします。契約書のなかであらかじめ工事期間が定められているとはいっても、札幌の場合には降雪をはじめとする天候の影響を受けやすい部分があります。したがって決められた期間中はいつでも工事をしているというわけではありませんので、工事のない日があっても不審に思う必要はありません。

たとえば工事によっては絶対に湿気を避けなければならないなどの厳しい条件がついて回ることがあり、天候のよい時期だけを選んで、その時期に集中して実際の工事をすることがあります。基本的に工事中はリフォーム会社に任せておけばよいのですが、場合によっては期間中に現場を訪れて契約どおりに施工されているかどうかをチェックして、間違いがあれば手直しを要求することもあり得ます。

工事が完了した場合には、依頼主が立ち会いの上でスタッフからの説明を受けて、契約どおりに施工されているかどうかをあらためてチェックする機会があります。このチェックが済めばリフォーム会社からの引渡しとなりますので、その後に契約書に書かれた金額を銀行振込またはその場で現金で支払い、これですべての手続きが完了したことになります。契約金額が大きい場合には、中間金として工事期間の途中で半額を支払い、最後に残りの金額を支払う方法が一般的です。

 

リフォーム工事をする場合には、最初に条件を整理してふさわしいリフォーム会社を選び、スタッフとの打ち合わせを経て契約書を交わす流れとなります。工事が完了すれば契約書どおりに施工されていることをチェックして、料金を支払ってすべての手続きが終了します。

【札幌】リフォーム会社のおすすめ比較一覧はこちら

おすすめのリフォーム会社一覧!

イメージ
会社名SICハウスプロヤマダ電機100満ボルト職人工房
セールスポイントリフォーム箇所は全般対応可能迅速なアフターフォローサポート体制が充実住宅設備メーカーの選択肢が広い年間約3,000件のリフォーム実績
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://reform-sapporo.info/column/construction-flow/

トップページへ戻る

サイト内検索